研究開発部門

近年、標的とした部位に必要とされる薬物量を確実に送り込むDrug Delivery System(DDS)の概念に立脚した経皮吸収型製剤が、医療現場で大きく注目されています。
当社では、これまでに培ってきた技術を応用し、口腔内フィルム製剤を開発。「速効」「持続」「使いやすさ」をキーワードとして、製剤技術の新たな可能性を探求しています。